<   2008年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧
ハカルモノ
d0133171_23122613.jpg
d0133171_2312384.jpg
先日行った、大阪のwonder storeとゆうお店で、フランス製のデッドストックのメジャーを購入しました、上部が透明になっていて何だかオシャレ、下の部分を引き出せばコンパスにもなるし水平器もついてるスグれもの。 なんてったって、この MADE IN FRANCEが泣かせる。。 これでDIYも、もっと楽しくなるかも・・・
[PR]
by stelo | 2008-06-26 23:23 | fovorite
作意


どうだろう?
モノづくりについて考えてみると
個人的に古いモノが好きだ、例えば本で、
「塗装を剥がして自分好みに・・・」とか
 「木を焦がして・・・」とか「錆がでるまで待って・・・」
とこんな風に
あくまで古い作意のある雰囲気を楽しむのか?・・・
それとも
 古いモノの歴史に耳を傾け
その経年と作意のない流れモノに
 めぐり逢わせの偶然を楽しみ、魅力があると思うのか・・・

ボクは文章を書くのが苦手で、構成もあったようなものではないが、
疑問についてそのまま進もう・・・

例えばの話
ボクの中で在りだなと思うのは
レプリカジーンズのように、自分ではいて行くうちにイイ味が出る
 たて落ちが出て、ヒゲが出て・・ そこに作り手の作意は
あるが、使い手の作意は無いように思う、自然に穿くだけ、
そして味がでる(味を出そうとわざと擦ったりする人いるが) 

 ボクの中で無しだと思うのは、新品をあえて擦り傷つけたジーンズ・・・ 
 
どうなんだろう?
 
家具も同じ・・・

ボクの好みの問題だが、前者と後者では全く 「道具」としての
考え方が違う。

後者はあくまでもその生活の道具ではなく、暮らしを飾るディスプレイに過ぎないのでは
ないか、?

でも、それでもいいようにも思う。
それで、その使い手となるひとがその道具を「好き」でいられるなら・・・

どうなんだろ? 






 
 
[PR]
by stelo | 2008-06-12 00:08 | life
よい休日と古いキャスターと。
今日はすごく久しぶりの休日だった。
前から行きたかったお店に…
とりあえず行きたかった、glaf bld.へ…
TRUCKもそうだけどglafも、その店内はすごくよい空気感に満ちていて
心地よい音楽と、家具に植物、窓の外には川が流れていて、とても
居心地のよい空間でした、
とにかくせっかくなのでカタログを購入しそそくさと次の目的地へ・・・
D&DEPARTMENTへよって堀江をブラリと、、
よいモノをみて、おいしいオムライスを家族でたべて
ほんとに良い休日を満喫しました。
最後によったアンティークショップで、
古いキャスターをたくさん購入しました、車輪が鉄のモノや木でできたモノ、
錆びて木の部分も
錆色になっている状態のもの。。

ふふふ・・このキャスターをつかってめっちゃカッチョイイの
つくっちゃえる予感がする。。




d0133171_21215229.jpg

[PR]
by stelo | 2008-06-08 22:00 | life