<   2012年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧
正論を言いたがる人。
原発は、無い方が良い。
そんなことは分かっている。
「政府」ってなんだろう、それはこの日本に唯一最終的な責任を持つ
一つの集まりであることは間違いはない。
世論が高まる中、
その何やら頭がすぐにすり替わる政府が、
「では、そうします!原発は全て停止します!」
「そうですね。今回のこの東日本大震災で放射能というものについて、
放射能という恐怖をどの国より深く味わいました。原発=悪です。
この先日本は、原発と決別します!」

「あっ。でもそのかわり、日本国民の皆様、明日から、沢山の石油を輸入しないといけないので、
電気代は2倍になります。そして当面、太陽光発電を始め環境によく持続可能な発電システム
が構築されるまで、電気料金は上がり続ける傾向にありますが、そんなこと関係ないですよね。
そして、CO2もたくさん出し始めますが良いですよね。それもこれも日本国民の為ですから…
だってみなさん言いましたよね、そう原発は悪です。」


僕は、山本太郎を始めとする原発=悪と決めつけメディアに影響力を持つ人達の発言に、すごく憤りを感じる。そして本当にすごく無責任だと感じる。

2008年に発刊された、養老孟司さんと池田清彦さんの共著に、「本当の環境問題」
という本がある。そこにあったように使うのが、原発の使い道のように思う。

要は、太陽光、風力、水力、地熱…マントル…、その自然の持続可能と思われるエネルギー
を生むための、製品や施設を作るためにも、相当なエネルギーを必要とする。
だから、その「本当の未来のエネルギーインフラ」を作るために、
怖々だが、それを使う必要はある、そしてその発展に伴い、原発は徐々に廃止する方向に
向えばよいのだと思う。

もう少し、本当の日本の未来について、もう少しマクロな視点で、
エネルギー問題を捉えたらいいんじゃないかと思う。
だから、いますぐ、悪だと決めつけ、受けの良い正義感ぶった発言に腹が立つ。
彼らを、国民の代弁者といったある有名人もいるが、幼稚な正論が全て正しいと
思っている、そしてそれを後押しする人達。。


何故かいまは、枝野さんように現実を直視し、そしてそこから目を背けない
本来政治家にに必要な真摯な姿勢に。自分の子供達が生きる未来を託したいと思う。
打算的な自民党なんかじゃない。

「逃げない覚悟を持ち、責任を負う目」は、人が見れば分かる。

でも山本太郎の真剣な眼差しも本当に分かる。。このままではダメなんだ…。
でももう少し考えて欲しい。

それは、「今すぐ」ではないのです。。。
[PR]
by stelo | 2012-04-24 23:49 | life
軽薄ではないでしょ…と生きる
どう生きるの?
どうしたいの?
自分に言っている。
分かっているつもり、自分に嘘をつかないように。
格好の良いように。
格好を求めるのは、男として、軽薄なことではないでしょ。。
[PR]
by stelo | 2012-04-15 23:19 | life